Category: 技術・開発

特許を取るのが必ずしも正解とは限らないという話

特許を取るのはある種「当たり前」 事業戦略を立てる人も、スタートアップを立ち上げる人も、多くの場合で気にしていることのひとつが「特許」だろう。投資家や決裁者が大抵特許の状況を聞くからというのもあるだろうし、実際に特許を沢山持っている会社が巨額の出資を受けたり、研究機関では取得特許の数である程度評価が行われたりするからだ。 そもそも何かしら技術的な発明があった時に、それを権利として守るために申請するのが特許だ。そうやって権利化されたものには特許権が与えられ、その技術の使用について他社に一定の制約を課すことが... Read More >>

「SoftBankがARM買収」のニュースをきっかけに「IoTを推進できるひと」を見分ける手段を発見した

#このポストは過去の投稿のback numberです 随分前の話題なのだが、表題の件をきっかけにして以前より探していた解答を手にした気分だ。孫さんありがとう。 SoftBankはその名の通りソフトウェアをバンク=所有して、それを販売していたのが最初の事業だ。 そこからどのように発展していったかはwikipediaにでも細かいことが書いてあるので割愛。 (ここを偉そうにしゃべるほどSoftBankの内情を知らない) ARMは言わずと知れたプロセッサのIP(特許)をライセンス販売している会社で「R&D... Read More >>